スタジオパック船橋店ブログ

FUNABASHIスタジオパックス船橋店

FUNABASHI’SBLOGスタジオパック船橋店ブログ

「いい音」を作る準備

「いい音」を作る準備

どうも、店長の久保田です。

先日、お客様から
「パックスのドラムはいい音するね〜」
と嬉しいお言葉を頂きました。

いや〜、
やっぱり気づかれちゃいましたか...。

そう、何を隠そうパックスのドラムは...


ちゃんとメンテナンスしてます!!


「いや、スタジオなんだから機材のメンテナンスくらい普通でしょ」
と思われる方もいらっしゃると思います。

ただ、これがめっちゃ大変な作業で...

最初は順調に進めていても



作業の後半に差し掛かってくるとこんな状態になったりもします。


(右の人はもう限界が近いですね...)

このメンテナンス作業はザックリ説明すると
1、分解
2、洗浄およびパーツ交換
3、グリスアップ
4、組み立て
という工程で行います。

木くずやホコリ、古いグリスなどが取り除かれることによって、
太鼓自体の鳴りが良くなるだけでなく、
ネジがスムーズに動くようになるのでチューニングもしやすくなります。

これがパックスのドラムの音がいい理由です!

「いい音」の定義や好みは人それぞれだと思うのですが、
「いい音」を作る為の準備として
ドラムの状態はしっかり整えておこうと心がけています。

ちなみにメンテナンスは船橋店だけでなく、
北千住店や、


南浦和店


新松戸店でも行っております!
(新松戸は写真を撮り忘れてしまいました...笑)

ということで、
今回はドラムメンテナンスについてご紹介しました。

皆さんも是非パックスのドラムを体感してみてください!

それではまた〜

BACK一覧に戻る

Copyright(C) Sound Studio PACKS. All rights reserved. 音楽スタジオ検索サイト ジャズ ポータルサイト - @jazz

TOP